ニュースを見るHIV関連ニュース・ヘッドライン

12/17開催の世界エイズデーシンポジウム アジアのセックスワーカーに焦点

Community Action on AIDS 2013

http://www.ca-aids.jp/event/131217_asia_hiv.html

12/18、HIV陽性者の高齢化と福祉施設をテーマにしたフォーラムを開催

エイズ&ソサエティ研究会議

http://asajp.at.webry.info/201311/article_6.html

幹細胞移植で消えたHIV、数か月で再検出

CNN

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染した男性患者2人がリンパ腫治療のため骨髄移植(造血幹細胞移植)を受けた後、いったん消滅したとみられていたHIVが再び検出された。米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院の研究者らが7日、明らかにした。

同病院のティモシー・ヘンリッヒ博士によると、患者は長年にわたり抗...

http://www.cnn.co.jp/usa/35041062.html

企業の産業看護職向けのHIV感染予防研修会・岡山

山陽新聞

http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2013120621413999/

HIV治療支援コンサート、150万円を国立国際医療センターに寄付

BARKS

「アーティストの力を結集し、エンターテイメントイベントによるHIV/AIDSの啓蒙活動及び新薬開発への寄...

http://www.barks.jp/news/?id=1000096914

死の宣告ではなくなったHIV 25回目の世界エイズデー

CNN

12月1日は25回目の「世界エイズデー」。今年はエイズ治療研究の分野で画期的な成果が報告された年だった。

かつては死を宣告されたも同然だったエイズウイルス(HIV)感染者も、今ではほぼ普通の生活を営めるようになり、治癒に向けた展望も見え始めている。

エイズ・HIV研究を巡っては、今年3月、HIV...

http://www.cnn.co.jp/world/35040790.html

12/20~22の3日間、京都でメモリアルキルト展

メモリアル・キルト・ジャパン

http://mqj.jp/

HIV感染者の「無防備な性交渉」、犯罪化したスウェーデンで議論再燃

AFP BBニュース

【11月29日 AFP】リナ・アバンデルさん(35)がヒト免疫不全ウイルス(HIV)陽性と診断されたとき、それは処方薬と、そして通知義務を意味した──スウェーデンでは法律上、HIV陽性の人は性交渉を行う前にそのことを通知しなければならない。

http://www.afpbb.com/articles/-/3004200

福岡HIVネットワーク第33回シンポジウム 12/6に産業医科大学で開催

国立病院機構九州医療センター

http://www.kyumed.jp/kansensho/info/archives/13

もうひとりの輸血患者はHIV感染なし 献血問題

朝日新聞

 エイズウイルス(HIV)に感染した献血者の血液が患者2人に輸血され、1人が感染していた問題で、もう1人の患者は、感染していなかったことが29日、分かった。厚生労働省が同日、発表した。 厚労省によると...

http://www.asahi.com/articles/TKY201311290214.html