キーワードで探すHIV お役立ち情報

「たんぽぽ」 (秋田県版)

HIV陽性告知を受けたばかりの人のための冊子「たんぽぽ」の秋田県版。HIVの基礎知識、福祉制度、社会生活、プライバシー、セックスについてなど幅広く取り上げられられている。さまざまなHIV陽性者の手記も掲載。東京都版(編集・発行:東京都/制作協力:ぷれいす東京)に、秋田県の地域情報が加えられている冊子。

いのちのつながり (自殺対策支援センターライフリンク)

今すぐ助けが欲しいとき、借金で困ったとき、いじめで困っている、職場の悩み、うつ病、労災手続、遺族など、自殺に関連した相談窓口を豊富に掲載しているリンク集。

4章 HIVの治療~通院・服薬・医療費~(HIV陽性者の視点で読み解く長期療養時代)

HIVお役立ちナビ[医療・福祉・就労](HIVマップ)

通院、治療、服薬、福祉制度、就労に関するリンク先をリストアップ。HIV陽性とわかったあとに必要な情報がまとまって掲載されている。

HIV/エイズガイド[第5話 いろいろあるよ、HIVポジティブを支える社会制度](HIVマップ)

[仕事・日常生活] Q11:地方で生活しています。医療に関する情報の少なさや、サービス利用の難しさをどう補っていますか?(ぷれいす東京「HIV/エイズ よくある質問・みんなの回答集」)

[医療・福祉制度] Q4:健康保険を使っているのですが、会社にばれたりしないか心配です。(ぷれいす東京「HIV/エイズ よくある質問・みんなの回答集」)

「女性のためのQ&A 貴女らしく明日を生きるために」(2015年3月発行 第4版)

女性HIV陽性者向けに、日常生活だけでなく妊娠・出産・育児に関する注意すべきポイントや福祉制度・サポート情報などもまとめられている。(編集発行:平成26年度厚労科研「HIV母子感染の疫学調査と予防対策および女性・小児感染者支援に関する研究」班 )

「制度の手引き」HTML版(関東甲信越HIV/AIDS情報ネット)

HIV陽性の人が医療機関に受診するときや、生活をするうえでの、経済的負担を軽くするために利用できる福祉・社会制度についてまとめられている。(html版)

「制度の手引き」PDF版(2015年6月発行 第7版)

HIV陽性の人が医療機関に受診するときや、生活をするうえでの、経済的負担を軽くするために利用できる福祉・社会制度についてまとめられている。(冊子・PDF版)