キーワードで探すHIV お役立ち情報

「高齢期の性的マイノリティー 理解と支援のハンドブック」(パープル・ハンズ)

介護・医療・福祉に関わる人が、性的マイノリティを理解し関心を深め、その高齢期を支えるために知っておいてほしいことが簡潔にまとめて紹介されている冊子。

LGBTと医療福祉(QWQC)

最期に立ち会えない、手術や病気の説明に同席しづらい、本来の性別で生きるための医療がない、性別を移行したら病院にいけないなど、LGBTにおける医療・福祉の分野でのさまざまな課題を取り上げた冊子。

パープル・ハンズ

性的マイノリティや多様なライフスタイルを生きる人びとの、学び合い、仲間作り、相談・コンサルティングと、高齢期も助け合うコミュニティ作りを目指すNPO。暮らし・お金・老後などについて、現行制度を最大限活用し、自助努力でも公助一辺倒でもなく、共助しあえるつながりを作っていくことをめざして活動している。カフェ形式のトークサロンや、研究会、電話相談、対面相談、講座などを行っている。

SHIP・ほっとライン

045-548-3980 (木 19:00-21:00)
セクシュアリティや性別の違和感について悩んでいる人とその友人、保護者、教職員向け。

HIVお役立ちナビ[イベント・プロジェクト](HIVマップ)

HIV/エイズに関連したイベントで、定期的に開催されている主なイベントを掲載。

にじいろホットライン(富田林市人権教育推進協議会)

0721-20-0285 (第1土 10:00-17:00、第3土 14:00-21:00)
セクシャルマイノリティに関する相談

よりそいホットライン(社会的包摂サポートセンター)

0120-279-338 (24時間)
セクシュアルマイノリティ、外国人、生活困窮者、高齢者、DV・性暴力被害者、障がい者、ホームレス、多重債務者、ひとり親世帯など

QWRC電話相談(QWRC: Queer & Women’s Resource Center)

06-6585-0751(第1月曜 19:30-22:30)

レインボー・ホットライン(PROUD LIFE)

052-931-9181 (第2、第4月曜 19:00-22:00)
セクシュアル・マイノリティのための電話相談

coLLabo LINE(コラボライン)」

03-6322-5145(第1土曜 12:30-15:00)
レズビアンと多様な女性たち、その家族・関係者向け