ニュースを見るHIV関連ニュース・ヘッドライン

HIV感染症に伴う認知機能障害、加齢とともに増え25%で発症

時事メディカル

 エイズウイルス(HIV)感染症は治療法の進歩により、もはや「死の病」ではなくなった。しかし、HIV感染者の高齢化が進み、新たな問題が浮上している。高齢になるほど、合併症として認知機能の障害を引き起こしやすいことが分かってきた。東京医科大学病院(東京都新宿区)臨床検査医学科の木内…

https://medical.jiji.com/topics/1827

HIV薬の役割に焦点、11/27より日本エイズ学会ウェブ学術集会

薬事日報

https://www.yakuji.co.jp/entry82905.html

エイズ治療研究のパイオニア、ジョイス・ウォーラスさん死去

Daily Sun New York

マンハッタン区で売春婦にエイズ治療を施した女医、ジョイス・ウォーラスさんが14日、心臓発作のため死去した。79歳だった。ニューヨークタイムズが27日、報じた。 ペンシルバニア州フィラデルフィア市生まれ。ニューヨーク市クイーンズ区で育った。ウォーラスさんが12歳の時、8歳の弟が白血病で亡くなると、医者になることを決意。ニ

https://www.dailysunny.com/2020/10/28/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%81%95%E3%82%93%E6%AD%BB%E5%8E%BB%E3%80%8179%E6%AD%B3-%E5%A3%B2%E6%98%A5%E5%A9%A6%E3%81%AB%E3%82%A8/

薬害被害者、コロナ禍問う「過去の反省は」と危惧の声

秋田魁新報

 全国薬害被害者団体連絡協議会(薬被連)は1日、広島市内で集会を開き、新型コロナウイルスに関するワクチンと治療薬の安全性・有効性の検証状況や、偏見・差別の問題について話し合った。「過去の反省は生かされ…

https://www.sakigake.jp/news/article/20201101CO0084/

HIV感染を申告しなかったことによる内定取り消し訴訟がモチーフの舞台が上演

ステージナタリー

劇団フライングステージの第46回公演「Rights, Light ライツ ライト」が11月2日から8日まで、東京のOFF・OFFシアターで上演される。

https://natalie.mu/stage/news/402197

マラウイでHIV陽性者に不当な風評、新型コロナウイルス感染リスクについての誤解が差別を煽る

ロイター

マラウイの学生コンドワニさんは、人生の大半を通じて、HIV陽性という不名誉なレッテルに立ち向かってきた。だがCOVID-19によって、再び旧態依然とした偏見が甦り、「コロナ持ち」という新たな罵倒の言葉が生まれている。

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-malawi-aids-idJPKBN2700GX

抗HIV薬ロピナビル及びリトナビルの混合薬、新型コロナウイルス感染症の死亡率を下げる効果はみられず

朝日新聞

 [ロンドン 5日 ロイター] - 英医学誌ランセットは5日、抗エイズウイルス(HIV)薬のロピナビルとリトナビルの混合薬について、新型コロナウイルス感染症の入院患者に効果がないとする研究査読結果を掲

http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN26R0US.html

世界初のHIV感染症完治例となった男性が白血病で死去

CNN

世界で初めてHIV(エイズウイルス)感染を克服した米国人のティモシー・レイ・ブラウンさんが、白血病で闘病の末に亡くなった。54歳だった。

https://www.cnn.co.jp/usa/35160328.html

世界初のHIV克服患者、末期がんであるとパートナーが公表

AFP BBNews

【9月26日 AFP】2008年に世界で初めてHIV(エイズウイルス)感染から完治し、「ベルリンの患者」として知られた米国人のティモシー・レイ・ブラウン(Timothy Ray Brown)さん(54)が、末期がんを患っていることが分かった。

https://www.afpbb.com/articles/-/3306591

重症血友病Aの治療に新規融合タンパク質注射が有効か、日米の7施設での研究

CareNet

 重症血友病Aの男性患者の治療において、新規融合タンパク質BIVV001(rFVIIIFc-VWF-XTEN)の単回静脈内注射により、第VIII因子活性が高値で維持され、半減期は遺伝子組み換え第VIII因子の最大4倍に達し、本薬は投与間隔1週間の新規クラスの第VIII因子機能代替製剤となる可能性があることが、米国・Bloodworks NorthwestのBarbara A. Konkle氏らの検討で示された。研究の成果は、NEJM誌2020年9月10日号に掲載された。第VIII因子機…

https://www.carenet.com/news/journal/carenet/50847