ニュースを見るHIV関連ニュース・ヘッドライン

HIVの“エリートコントローラー”が体内でHIVを抑制するメカニズムを解明

GIGAZINE

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染しても体内でウイルスが増殖することなく、エイズを発症しないという特殊な遺伝子を持った人々のことを「(PDFファイル)エリートコントローラー」と呼びます。エリートコントローラーの人々が具体的にどのようにHIVを抑制しているのかを、ラゴン研究所のジョ・ユウ医師らによる研究チームが総合科学ジャーナルのNatureで発表しました。

https://gigazine.net/news/20200827-hiv-elite-controller/

新型コロナウイルスワクチンの臨床試験、HIV陽性者も治験の対象に

Bloomberg

米バイオテクノロジー会社モデルナは、新型コロナウイルスワクチン候補の後期臨床試験について、エイズウイルス(HIV)感染者も対象に含める方針を示した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-07/QENUDDDWX2Q201

薬害エイズ訴訟原告、はばたき福祉事業団理事長の大平勝美氏が死去

読売新聞

薬害エイズの被害者として東京HIV(エイズウイルス)訴訟原告団全国世話人を務め、被害者らを支援する社会福祉法人「はばたき福祉事業団」の理事長だった大平勝美(おおひら・かつみ)さんが、6月21日に亡くなっていたことが分か

https://www.yomiuri.co.jp/national/20200728-OYT1T50261/

エイズの失敗、コロナに生かして「公平性を」 UNAIDS事務局長

AFP BBNews

【7月21日 AFP】国連合同エイズ計画(UNAIDS)のウィニー・ビヤニマ(Winnie Byanyima)事務局長(61)が、エイズ(AIDS、後天性免疫不全症候群)との闘いでは、既存の治療を受ける機会がないがために世界で数百万人が亡くなっていると述べ、新型コロナウイルスとの闘いではより公平なアプローチが必要だと訴えた。

https://www.afpbb.com/articles/-/3293532

長崎大、コロナ薬の治験を月内開始 抗HIV薬ネルフィナビルを投与

日本経済新聞

長崎大学は10日、新型コロナウイルス感染症の無症状者や軽症者を対象に、抗エイズウイルス(HIV)薬の医師主導臨床試験(治験)を月内に始めると発表した。実際の患者でウイルスがなくなるまでの日数などを調

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61377680Q0A710C2000000/

死亡率の改善見られず、WHOがカレトラの新型コロナウイルス感染症治験を中止

ロイター

世界保健機関(WHO)は4日、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」と抗エイズウイルス(HIV)薬「ロピナビル/リトナビル」について、新型コロナウイルス感染症の入院患者への治験を中止すると発表した。死亡率抑制の効果が示されなかったため。

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-who-drugs-idJPKBN247035

2019年における世界のエイズによる死亡者は69万人、減少傾向続く

東京新聞

【ジュネーブ共同】国連合同エイズ計画(UNAIDS)は6日、年次報告書を発表し、2019年にエイズウイルス(HIV)に新たに感染したの...

https://www.tokyo-np.co.jp/article/40464

HIV研究で知られるピーター・ピオット氏がCOVID-19に感染、体験を語る

BBC News Japan

ピーター・ピオット博士はエボラ出血熱ウイルスを発見した研究チームの一員だったほか、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の研究で先駆的な役割を果たした。しかし、今回ついに新型コロナウイルスに感染し、COVID-19を発症してしまった。

https://www.bbc.com/japanese/video-53146300

横浜刑務所の受刑者にHIV陽性告知せずエイズ発症、弁護士会が人権侵害で警告

NHK

【NHK】7年前、横浜刑務所に服役していた受刑者が、HIVの血液検査で陽性だったのに結果を知らされないまま1年ほど放置され、その後…

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200619/k10012477681000.html

HIV陽性のCOVID-19患者の臨床経過、陰性者とほぼ同様との報告がランセット誌に掲載

日経メディカル

スペインHospitalUniversitarioRamonyCajalのPilarVizcarra氏らは、マドリード在住のHIV感染者を継続的にフォローしており、プロテアーゼ阻害薬や逆転写酵素阻害薬を使用しているHIV感染者と、一般のCOVID-19患者の臨床特性と違いがあるかどうかを検討し、HIV感染者のCOVID-19の臨床経過は一般の患者と

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t344/202006/566058.html
1 / 4212345...102030...最後 »