ニュースを見るHIV関連ニュース・ヘッドライン

HIV抗ウイルス薬の市場規模は2028年に393億3000万米ドルに達する見込み-最新予測

NEWSCAST

世界のHIV抗ウイルス剤市場は、2021年に約293億米ドルと評価され、予測期間2022-2028年には4.3%以上の健全な成長率で成長すると予測されています。 HIV抗ウイルス薬は、HIVのライフサイクルのステージに基づき、6つの異なるクラスに分類されています。米国食品医薬品局は、HIV感染症の治療薬として20数種類の抗レトロウイルス薬を承認しました。HIV感染症の有病率の増加、HIV治療に対する意識の高まり、規制当局による最近の製品の発売や承認は、世界市場の需要を加速させる要因となっています。

https://newscast.jp/news/3016018

HIV予防に最も有効な薬 製薬会社にグローバルな普及戦略の開示を要請

PR TIMES

HIV感染を予防する医薬品「カボテグラビル(CAB-LA)」について、国境なき医師団(MSF)は、製造するヴィーブヘルスケア社(以下、ヴィーブ社)に対し、入手可能な数量と予定する供給地域の情報開示をただちに行うよう要請した。長時間作用型の注射薬であるCAB-LAは、HIV感染率の高い低・中所得国で、高い予防効果をもたらすと期待される。ヴィーブ社は2022年7月、「医薬品特許プール (MPP)」と自発的ライセンス契約を結び、CAB-LAを製造するジェネリック医薬品メーカー3社を選定したという喜ばしい経緯があるが、安価なジェネリック薬の供給は4~5年先になる見通しで、低・中所得国を念頭に医療ニーズにもとづいた同薬の普及を急ぐ必要がある。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000619.000004782.html

ART継続中のHIV感染者の余命は一般よりやや短い程度まで延長

日経メディカル

英国Bristol大学のAdam Trickey氏らは、抗レトロウイルス薬(ART)を使用しているHIV感染者の余命がどれくらい延びているのかを調べるため、Antiretroviral Therapy Cohort Collaborationなど北米と欧州などで行われた20件のコホート研究のデータを利用して40歳時点の平均余命を推定し、2015年以降にARTを開始した感染者の余命は一般人よりやや短い程度まで延びていると報告した。結果は2023年3月20日のLancet HIV誌電子版に掲載された。

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/lancet/202304/579179.html

マスク着用が個人判断 感染者数はどうなる 職場の感染対策は?

NHK

マスクの着用が個人の判断に委ねられることにともない各業界では業種別ガイドラインが見直されるなど対応が進められています。こうしたなか、今後の感染者数について名古屋工業大学のグループがAI=人工知能を使って試算しました。感染者数はマスクの着用率でどう変わるとされたのでしょうか。今後の感染対策をめぐる動きについてまとめました。

https://www.nhk.or.jp/shutoken/newsup/20230310c.html

サル痘の感染はどのようにして対策したらよいのか?

MEDLEY

サル痘は2022年以降に欧州を中心に世界的な流行を起こし、2023年3月時点で約8万6千人にまで感染者が増加しています。世界と比較すると国内では現在感染者は多くはありませんが、渡航制限の緩和により、今後海外から入ってくるケースが増える可能性があります。さらに、2023年1月以降に、日本国内で感染する報告が少しずつ目立ってきています。 では、サル痘はどのようにして感染していくのでしょうか。本コラムでは、サル痘の感染経路について解説を行い、予備知識として知っておきたい具体的な感染対策について考えていきます。

https://medley.life/news/64058d110d2686116c133891/

「HIV感染者」が家庭を持つということ

VIET JO

HIVにかかっていると知り、何度自殺をしようと思っただろうか。 工場の仕事が終わると、ホーチミン市に暮らすミンさん(男性・42歳)は塾に娘を迎えに行き、家族みんなで妻が用意した夕食をとり、息子と戯れる。こんな毎日がHIV感染者の自分にやってくるなんて、ミンさんは思いもしなかった。 2012年、ミンさんは自分がHIVに感染していることを知った。ちょうど結婚を目前に控えた頃だった。

https://www.viet-jo.com/news/special/230129231345.html

ギリアド、年2回投与のHIV治療併用レジメンとして開発中の lenacapavirと広域中和抗体の概念実証データ発表

岐阜新聞Web

ギリアド、年2回投与のHIV治療併用レジメンとして開発中の lenacapavirと広域中和抗体について、肯定的な概念実証データを発表。 lenacapavirとHIVに対する広域中和抗体のteropavimab およびzinlirvimabとの併用療法の可能性を示す― ―長時間作用型のHIV治療選択肢として開発中の併用療法について、 第II相試験でのさらなる評価を支持。

https://www.gifu-np.co.jp/articles/-/204413

首都圏の新規HIV感染者ゼロを目指して

ぷれいす東京

HIV感染予防対策は、時代と共に大きく変わってきた。そんな中でも変わらないことは、HIV検査の重要性である。検査無くして対策無しである。 岡 慎一 (国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター センター長)

https://ptokyo.org/column/post/15628

リナ・サワヤマ、エルトン・ジョンの【アカデミー賞】プレ・パーティーに出演決定

Billbord Japan

2023年2月9日にエルトン・ジョンAIDS基金(EJAF)は、同財団が毎年開催する【アカデミー賞】プレ・パーティーのヘッドライナーを、ポップ・シンガー・ソングライターのリナ・サワヤマが務めると発表した。エルトンと夫のデヴィッド・ファーニッシュが司会を務め、エリック・マコーマックやMJ・ロドリゲスなどのスターが特別ゲストとして登場する予定だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0d78857352559240c2e5106341c0300dd400ea3a

HIVの実験的なワクチンがヒトでの初期臨床試験を通過

GIZMODO

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の実験的なワクチンがヒトでの初期臨床試験を通過したようです。新しく発表された研究では、このワクチン候補はなんと97%の被験者で、研究者チームが期待していたような免疫反応を示したという結果です。重要なことは、このワクチンが安全で免疫トレランス(免疫寛容、自分の体の構成成分に対しては免疫反応を示さない)が高いということです!

https://www.gizmodo.jp/2022/12/experimental-hiv-vaccine-promising-early-human-trial.html