ニュースを見るHIV関連ニュース・ヘッドライン

HIV陽性者、セックスワーカー、トランスジェンダー…SDGsが光を当てるべき人たち

GLOBE+

FGFJ×GLOBE+ インタビューシリーズ「国境なき感染症 私たちの物語」vol.10 インタビューシリーズ「国境なき感染症 私たちの物語」の第10弾は、国連エイズ合同計画(UNAIDS)でパキスタン・アフガニスタンの国事務所代表を務める竹本由紀さんです。竹本さんは、HIV陽性者や感染リスクの高い人たちの支援は、近年注目されているSDGs(持続可能な開発目標)の文脈でも大切だと指摘します。本人に詳しく聞きました。

https://globe.asahi.com/article/14492166

12月1日は「世界エイズデー」 2020年、2分に1人が新たに感染 新型コロナ長期化でHIVサービスに大きな混乱

ユニセフ

ユニセフ(国連児童基金)が本日発表した報告書『HIV/エイズ グローバルスナップショット(HIV and AIDS Global Snapshot)』によると、2020年には2分に1人の割合で、少なくとも30万人の子どもが新たにHIVに感染しました。また、同時期に5分に1人の割合で、12万人の子どもがエイズに関連する要因で死亡しています。

https://www.unicef.or.jp/news/2021/0231.html

HIV啓発するはずの自分が感染 ゲイの男性が感じた負い目と教訓「自分も人間」

GLOBE+

FGFJ×GLOBE+ インタビューシリーズ「国境なき感染症 私たちの物語」vol.08 インタビューシリーズ「国境なき感染症 私たちの物語」の第8弾は、HIV感染予防の啓発活動に取り組みながら、自身も感染してしまったフィリピンのゲイの男性、ジェフリー・アカバさん。アカバさんは「負い目」から感染と向きあえず、治療開始が遅れたといいます。後悔とそこから得た教訓について、彼に聞きました。

https://globe.asahi.com/article/14405967

HIV/エイズに翻弄されるゲイの若者 『IT’S A SIN 哀しみの天使たち』予告編

Real Sound(Yahoo!JAPAN ニュース)

1980年代のイギリスを舞台に、HIV/エイズに翻弄されるゲイの若者たちを描いたドラマ『IT’S A SIN 哀しみの天使たち』が、Amazon Prime Videoチャンネル「スター チャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」にて、8月17日より国内独占で初配信されることが決定。あわせて予告編が公開された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/25ce393b57ef452052c9fc9e5bca1ecd5f1db60a

HIV陽性者の突然死発生率は?院外心停止の死亡例を全例調査/NEJM

ELLE girl(Yahoo! JAPANニュース)

デュア・リパ、同性愛者やHIV患者への差別発言をしたラッパーを批判

https://news.yahoo.co.jp/articles/134ddabf403b34271425b09935f26ab448fcc7c5

デュア・リパ、同性愛者やHIV患者への差別発言をしたラッパーを批判

ELLE girl(Yahoo! JAPANニュース)

デュア・リパ、同性愛者やHIV患者への差別発言をしたラッパーを批判

https://news.yahoo.co.jp/articles/134ddabf403b34271425b09935f26ab448fcc7c5

男性のレイプ被害 HIVに感染も「被害を認識できなかった」

NHK WEB特集

複数の男性から望まない性行為を強いられ、HIVに感染したという男性。私たちが“性暴力”について意見募集しているサイトに体験談を寄せてくれました。 男性は長い間、自分が被害者だと認識することができなかったといいます。その背景には、多くの男性被害者が直面する深刻な事情がありました。 (政経・国際番組部ディレクター 神津善之)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210716/k10013141371000.html

エルトン・ジョン、ダベイビーのHIV/エイズに関する不適切発言を受けて声明発表

billboard-japan(Yahoo!JAPAN ニュース)

エルトン・ジョン、ダベイビーのHIV/エイズに関する不適切発言を受けて声明発表

https://news.yahoo.co.jp/articles/4e6904ea7ac76671cc37891ab67194955edce446

国境なき感染症 私たちの物語 HIV啓発するはずの自分が感染 ゲイの男性が感じた負い目と教訓「自分も人間」

朝日新聞GLOBE+

FGFJ×GLOBE+ インタビューシリーズ「国境なき感染症 私たちの物語」vol.08 インタビューシリーズ「国境なき感染症 私たちの物語」の第8弾は、HIV感染予防の啓発活動に取り組みながら、自身も感染してしまったフィリピンのゲイの男性、ジェフリー・アカバさん。アカバさんは「負い目」から感染と向きあえず、治療開始が遅れたといいます。後悔とそこから得た教訓について、彼に聞きました。

https://globe.asahi.com/article/14405967

抗HIV薬カボテグラビル、米で段階的申請を開始  英ヴィーブ

薬事日報

 英ヴィーブヘルスケアは、長期作用型注射剤カボテグラビルのHIV感染予防目的での使用に関し、米FDA(食品医薬品局)へ新薬承認申請のローリングサブミッション(段階的申請)を開始したと発表した。これによ…

https://nk.jiho.jp/article/161175